ACLS-EPプレコース

コース概要(G-2015準拠)

ACLS-EPコースを受講される方のための予備または補助を目的としたコースです。ACLS-EPコースの受講を検討中の、以下のような方々を対象としています。希望者だけの自由参加のコースのため、認定証はありません。


ACLS-EPコースがどのようなコースなのか全体像をつかみたい
ACLS-EPコースを受講したいが何を勉強したらよいのかよく分からない
以前にACLS-EPコースを受講したが、再度復習したい

尚、このコースはACLS-EPコース受講のために必須ではありません。
また、このコースを受講したからといって、ACLS-EPコースを受講しなければならないわけでもありません。何回(複数回)でも受講可能です。

コース内容

ACLS-EPコースに備えて、ACLS-EPコースで扱われる8症例の内、その半分の4症例(下記)のテーマを講義方式ではなく、 症例ベースに考え方を整理していく実践的なコースです。
 1、高血糖 2、高カリウム血症 3、アナフィラキシー 4、急性冠症候群
ACLS-EPプレコースでは、バイタルサイン及び電解質・血糖異常の理解が必要なため、最初にこれらのテーマで総論を講義し、 その後、上記4テーマについて下記の項目の理解を目的に症例実践を行います。
ちなみに、ACLS-EPプレコースで提示する症例は、ACLS-EPコースで提示する実症例とは違いますが、症例のテーマ(タイトル)は同じです。



  1. 1.高血糖
    1)高血糖の定義、病態、機序
    2)高血糖の4病型と4病態
    3)高血糖の治療
  2. 2.高カリウム血症
    1)症候性徐脈の定義、原因、治療
    (高カリウム血症は症候性徐脈で来院することが多いため)
    2)高カリウム血症の心電図所見、治療、原因
  3. 3.アナフィラキシー
    1)アナフィラキシーの定義、原因
    2)アナフィラキシーの致死的合併症とその対応
    3)アナフィラキシーの治療
  4. 4.急性冠症候群
    1)急性冠症候群の定義と病態
    2)急性冠症候群の心電図読影法
    3)急性冠症候群の治療
受講条件、コース時間、受講料
受講条件
どなたでも受講できます
コース時間
約4時間
受講料
初回のみ6,000円(税込み)、2回目以降は無料で何度でも受講可能です
評価と認定

希望者だけの自由参加のコースのため、認定証はありません。

使用テキスト

コース当日に、このコースのための「ACLS-EPプレコース要点整理」を受付にて配布いたします

お申し込み

ACLS-EPプレコースへの申し込みは